« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

春、咲いています。

職場の傍に咲いている桜、改めて綺麗です。201104061112000 このところ、多忙な仕事、日本の情勢など、心にゆとりがなかった。ふと観ると、満開に花を咲かせている「桜」。そして透きとおるほどの青空。生きている、平和の思いを感じ、日常の尊さを感じた瞬間でした。

先日は、仕事絡みの飲み会でした。堅苦しい一次会がやっと終わり街へ。熊本の街も賑わいを取り戻した感で、若者の熱気に溢れていました。自粛も必要ですが、そこには確実に経済がありました。

ほろ酔いで、僕の聖地「ぺいあの」へ向かいました。しかし姉妹店である関所の「百合あかり」に寄らなければいけません。そこにも桜三輪が満開で僕を迎えてくれました。201104082245000 いつも満面の笑顔を有難うございます。先輩方(スイマセン・・)これからもよろしくです。

それから「ぺいあの」へ。言うまでもなく、マスター、ゆういち君とギターセッション。指が痛くなるほど弾かせてもらいました。明日への元気をもらいました。

九州から元気を!尊い日常に感謝!

Taka

| | コメント (3) | トラックバック (0)

空に星が綺麗

我が師匠「斉藤和義」。今、話題です。やってくれました!「ずっと好きだった」のセルフカバー?強烈なdisソング「ずっとウソだった」。反原発をこれでもかと歌っています。YouTubeにUPされ、すぐ削除されて(レコード会社の仕業?)、でもコピーが出回ってます。

ずっとウソだったんだぜ、原発は安全です。ずっとクソだったんだぜ、東電も北電も・・・

ネット上でも、賛否両論です。僕の意見としては、よくやった和義!スカッとした!との感です。この反骨精神、これこそロックです。そしてそこにはロックの精神が脈々と繋がっています。斉藤がリスペクトする清志郎のタイマーズ「COVERS」へのオマージュでもあります。空の上から、清志郎もきっと「よくやった!」とほほ笑んでいる気がします。

震災の後、4月1日より、斉藤和義 ON USTREAMで、毎週金曜日に生ライブ「空に星が綺麗」を配信しています。チャリティー目的で、本人曰く「なにかとモヤモヤするので歌います。しばし和んで頂ければ幸いです。」とのこと。「ずっとウソだった」の動画が「本人なの?」との話題の中で、淡々と、「今話題の斉藤です。」とのMC。そして「ずっと好きだった」を歌い終わったかなと思いきや続けて「ずっとウソだった」へ・・・これこそ、ロックです。カッコいい。しかし、歌の途中で突然USTREAMがフリーズしたとのことです。「当局の介入?」との感もありましたが、単なる回線容量の問題とのこと。再び歌い直し、何事もなかったように・・・お見事!ここにもロックを感じます。

そしてライブはタイトル曲「空に星が綺麗」で終了。斉藤の思い、決意を感じたような気がします。

~口笛吹いて歩こう、肩落とした友よ。色んな事があるけど、空には星が綺麗~

Taka

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »